血液の中のコレステロールについて

血液の中のコレステロールには、悪玉(以下、LDL)と善玉(以下、HDL)が存在しますが、悪玉がいらないというわけではなく、いずれも重要で、どちらともがバランスに配慮してカラダの内側で働いています。
ですが、LDLが増えすぎると、血管壁に溜まり、カルシウムなどの栄養成分と混ざって、どんどん血の流れる通路を狭くしてしまいます。
同時に血管自体も固くなり、動脈硬化になるというわけです。油は体内で身体に良い働きをしており、上質な油は血流を促進する働きもあります。
魚の油には、栄養成分としてEPAやDHAが含まれており、良質な油ではありますが、十分な量を食事から摂取するのは、なかなか難しいです。
日常的に相当量の魚を食べなければならないので、現実にはムリですが、DHAサプリメントを使うことで要領よく摂りいれることができます。
時代の食事では酸化した油や、肉の油を摂りいれる機会が多いので、体にとっていき過ぎた油を体外へ出すうえで、DHAサプリメントは非常に役立つアイテムです。
薬は病気になってから飲むものですが、サプリメントはそうなる前に食事の一環として摂取するものです。 
動脈硬化にならないように、血液の中のコレステロールが上がらないように、日頃の食生活から意識をしていきましょう。
しじみ習慣

 

 

関連ページ

意味のない脂肪は溜めない作用
意味のない脂肪は溜めない作用
コレステロールの種類
コレステロールの種類